• ホーム
人気のレザートートバッグをランキングでご紹介!

ランキングベスト3

Vita Felice

価格
7,980(\税込)

GAP

価格
\2,400(税込)

吉田カバン

価格
\12,500(税込)

選び方

トートバッグの「トート」とは?

“ちょっとそこまで”といった簡単な買い物用に持ち歩くバッグから、自分のオシャレを演出するファッションアイテムとしてのバッグとしてまで、実に様々な使い道のあるトートバッグ。 このトートバッグの「トート」とは一体どういう意味なのでしょうか?

「トート」とは、“持ち運ぶ”“携帯する”という意味の『tote』という英語から来ています。 つまり、トートバッグとは、ずばり『持ち運ぶためのカバン』という意味なのです。

トートバッグの始まり

トートバッグは、現在でこそオシャレアイテムとしてのポジションに付いていますが、元々は氷を運ぶためのカバンとして誕生した物です。 誕生した地はアメリカで、家庭やキャンプ等で使用する氷を、氷屋から運搬するために用いるために考案されたのです。

氷屋から切りだしたままの四角い氷をそのまま収納するため、トートバッグの形状は長方形となっています。 そして、重い氷を運ぶために適切な素材として、高い防水性と強度を持った綿のキャンバスが選ばれたのです。 本来は作業服だったジーンズの強度も高いものでしたが、この綿のキャンバスは、そのジーンズの2倍の強度を持っています。

氷運搬用のカバンだったトートバッグが若い人達に使用されるようになったのは、アメリカの大学生のおかげです。 アメリカの大学生が、学校で使用する様々な教材や教科書を持ち運ぶためにトートバッグを活用し出したのが、トートバッグのファッション化の始まりとされています。

トートバッグの種類

誕生した頃のトートバッグは綿のキャンバスで製作された物でしたが、徐々に様々な用途に使用されるようになった事で、現在では色々な種類のトートバッグが生まれています。

素材の軽い物や耐久性に優れた物が増え、さらにデザイン性も増し、多くの人が様々な用途で使用出来るようにトートバッグは進化を遂げています。

Copyright© トートバッグ レザー All Rights Reserved.