• ホーム
人気のレザートートバッグをランキングでご紹介!

レザーバッグのお手入れ

人気ランキングはこちら

革は呼吸している

レザーバッグの素材となっている革は、正確には「皮革」と呼ばれます。
この皮革とは、動物の皮膚を生のまま、あるいは“なめして”ある状態の物の事です。
なお、“なめす”というのは、革を柔らかくして耐久性を増したりさせる等の工程を経る事を指します。

レザーバッグと呼ばれる物の素材には、“なめし”の施された天然皮革の他に合成皮革がありますが、天然皮革の方は、適切な保管と定期的に入念なお手入れをする事によって劣化を防ぐ事が出来ます。
さらに、天然皮革は生きている動物の革から採取された物ですので、何もしなければ腐敗して行ってしまいます。
天然皮革は『生物の皮膚』であり、常に呼吸をしている物だと思っておくと良いです。

革バッグの保管方法

天然皮革を使用しているレザーバッグの保管方法としては、湿気や水気のある所を避けて保管する事をおすすめします。

革製品にとって最大の大敵はカビです。
湿気の多い所へ保管しておくとカビの繁殖を促してしまうので注意しないとダメです。

革製品は、直射日光を避け、風通しの良い所に保管しておく事が望まれます。
さらに、定期的にクリーム等を塗りつける事で皮革の状態を保つので、面倒くさがらずにクリーム磨きをする事もおすすめします。

あと、防水スプレーや柔らかい布での乾拭きなども行っておくと完璧と言えます。

使用している革の種類を知る

レザーバッグと一口に言っても、その革の種類は、使用されている動物によって異なります。
この革の種類によってもお手入れの方法は変わりますので、自分の使用しているレザーバッグの革が何の動物の物なのかをしっかりと知るようにしておくと良いです。

レザーバッグには牛等の哺乳類の革だけではなく、蛇などの爬虫類の革が使用された物もあります。
爬虫類系の革には鱗が付いていますので、クリーナー等を使用して磨くと、その鱗が取れてしまうので要注意です。

ランキングベスト3

Vita Felice

価格
7,980(\税込)

GAP

価格
\2,400(税込)

吉田カバン

価格
\12,500(税込)
Copyright© トートバッグ レザー All Rights Reserved.